JLPT N2の文法 grammar: ~ものだ(なつかしい)


 意味

(1)~したなあ。(なつかしい気持ちを言う時の表現)

(2)本当に〜なあ。( 強く感じたこと、驚いたこと、感心したことなどを感情を込めて言う言い方)


 接続

動詞と形容詞のModifying the noun のルール

 

 例文

(1)~したなあ。

① 学生の時はよくこの曲を聞いたものだ。

② 昔はよく夜中まで勉強したものです。

③ 以前はよく飲みに行ったものですが、最近はほとんど飲みに行っていません。

 

(2)本当に〜なあ。

① 時間が経つのは早いものですね。

② 人間関係って難しいものですね。最近心からそう感じます。

③ あまり準備をしなかったのに、よくN2に合格できたものだ。

④ 息子は親の心配もかまわず相変わらずゲームに熱中している。本当に困ったものだ。

<漢字の読み>
頃(ころ)、曲(きょく)、昔(むかし)、経つ(たつ)、息子(むすこ)、相変わらず(あいかわらず)、熱中する(ねっちゅうする)、困る(こまる)


英語は理解のためのヒントです。
① I used to listen to this song when I was a student.
② In the old days, I used to study until midnight.
③ I used to go drinking a lot, but recently I rarely go drinking.

① Time goes by quickly, isn't it?
② Human relationships are difficult. I feel that way from the bottom of my heart these days.
③ I passed N2 even though I didn't prepare much.
④ My son is still enthusiastic about the game regardless of his parents' worries. I'm really in trouble.

 

 Quiz

QUIZ:1 子供の頃は、ちゃんと座りなさいとか姿勢が悪いとかよく      
  1 母に注意のものだ
  2 母が注意ものだ
  3 母に注意されたものだ
  4 母が注意されたものだ
   
QUIZ:2       と自分で自分に感心することがある。
  1 よく頑張ったものだ
  2 よく頑張りものだ
  3 よく頑張ってものだ
  4 よく頑張ろうものだ
   
子供の頃 こどものころ
姿勢 しせい
感心 かんしん
頑張る がんばる

 Free worksheetのダウンロード

~限りだ。

Updated Mar 20, 2021