東京の日本語学校 MLC

日本語学校MLC目黒ランゲージセンター 東京
求人情報ページ


(1)学校紹介
    ↓

(2)求人情報
    ↓

(3)応募手順
    ↓

(4)勉強会
    ↓

(5)勉強会の感想
    ↓

(6)学校説明会
    ↓

(7)応募

アクセス
求人情報

2017年1月現在、下記の募集は締め切りました。次回の採用は2017年8月移行になる見込みです。募集条件(特に下記の4、5の曜日と時間)は都度変更になりますのでご了承ください。現在募集はしていませんが、将来、当校への応募をお考えの方には学校説明会を行いますので、左のメニューの(6)から学校説明会の申し込みをなさってください。学校説明会は随時行っています。

(1)応募資格
  1. 養成講座420時間終了者、または教育能力試験合格者、もしくはそれに該当する経験、能力のある方

  2. 英検2級程度の英語力がある方

  3. できれば"Japanese for Busy People"、または「みんなの日本語」、または「げんき」を使って教えたことがある方

  4. 【重要】 週2回、毎週水曜日と金曜日、午後6時20分〜9時30分(途中10分休憩)、計48回(約6ヵ月間)の勉強会に参加できる方

  5. 【重要】 勉強会終了後、夜のクラス(6:20-7:50 pm, 8:00-9:30pm)に可能時間として4コマ以上登録して教えることができる方。

  6. 短期大学、または4年制大学卒業以上の方

  7. できるだけ目黒近辺に在住の方(交通費は勤務時間の累計により往復500円から800円まで支給、超過分は自己負担になります)

  8. 最低5年間はMLCで教えることができる方

  9. 募集人数: 計2名
(2) MLCが求める教師
MLCは次のような教師の集まりでありたいと考えています。次のような方を求めています。中でも最も重要なのは「人間性」です。教師としての資質や技能や知識の前に、普通の人間としての「人間性」を重視します。
  • 人間的な方(バランスが取れている方)、一般に言う性格がいい方、心配りや気遣いができる方、人の立場に立って考えられる方、相手の気持ちを汲み取ることができる方、常識がある方、挨拶ができる方、礼儀正しい方

  • 明るい方、楽しく教えられる方、人間好きな方、心の優しい方、誰とでも仲良くできるような方、人のために尽くしてあげたいという愛情のある方、人の役に立ちたいと思う方

  • 勉強熱心な方、教師ぶらない方、偉そうにしない方、話を聴いてあげられる方、聴き上手な方、生徒さんと対等でありながらも教師であることができる方、柔軟に教えてあげられる方、的確に文法を説明できる方

  • 共有することの意義を理解している方、MLCの存在意義を理解されている方、自分の情報や経験も提供しようという心構えのある方

(3)待遇
  • 勤務地:目黒、または生徒さんの会社・自宅。出張クラスの場合は出張手当支給
  • 時給:勤務時間の累計によって1150円から1600円まで。3名以上のグループクラスの場合、出張レッスンの場合、早朝レッスンの場合は手当の支給があります。
    勤務時間
    累計
    期間の
    目安
    時給 1クラス
    (90分)
    手当て:出席者が・・・
    3名
    の場合
    4名
    の場合
    5名
    の場合
    0-50 BP1 ¥1150 ¥1725 +¥420
    /90分
    +¥810
    /90分
    +¥1200
    /90分
    51-150 BP2 ¥1200 ¥1800
    151-300 BP3 ¥1250 ¥1875
    301-600 . ¥1300 ¥1950
    601-900 . ¥1350 ¥2025
    901-1200 . ¥1400 ¥2100
    1201-1500 . ¥1450 ¥2175
    1501-2000 . ¥1500 ¥2250
    2001-2500 . ¥1550 ¥2325
    2501- . ¥1600 ¥2400
  • 出張手当:1回500円の出張手当が支給されます。同じ場所で同じ日に2つレッスンがある場合、1レッスンではなく2レッスンとカウントします。
  • 早朝レッスン手当: 朝8時スタートのレッスンの場合、200円の手当があります。
  • 交通費(MLCでのレッスンの場合)
    勤務時間累計 交通費の上限
    0〜150 往復515円まで支給
    151〜300 往復620円まで支給
    301〜500 往復720円まで支給
    501〜 往復825円まで支給

(4) よくあるご質問

Q: 英語が不安です。どのくらいの英語力が必要ですか?
A: 英検2級を目安にしていますが、それは英検2級程度であれば大丈夫だろうという安心の目安で絶対的な条件ではありません。流暢に話せる必要はありませんが、日常会話がある程度できる必要があります。ある程度というのは、初級の人に英語で説明されて、その人が分かる日本語と、自分が使える英語で誤解のないように上手に明確に答えてあげられるレベルです。BP1(Japanese for Busy People 1)の人はほとんど英語で質問をしてきますので、それらをちゃんと理解することができなかったり、英語で簡単な文や単語がすぐに出ないと応対が難しいでしょう。

Q: 実際のレッスンではどのぐらいの英語を使いますか?
A: 始めのうちは、指示や説明のために、コミュニケーションを取るために、また、質問に答えるために英語を使いますが、すでに習った文型や単語はできるだけ日本語を使うようにして徐々に英語を減らしてゆきます。BP2(Japanese for Busy People 2)では普通、授業中に単語の意味を英語で説明するぐらいで、あまり英語を使わなくなります。

Q: 5年間教え続けられるかどうか分からないのですが?
A: これは最低条件です。5年間は週に15時間以上の登録ができなくてはいけません。

Q: 授業の時間は?
A: 月曜日から金曜日は8:00 am-9:30 pm、土曜日は10:15 am-4:45 pmの間です。通常、1レッスンは90分です

Q: 「週に15時間以上の登録」というのは、15時間以上働くという意味ですか?」
A: いいえ、「私はこの時間はMLCで教えられます」と時間を空けておくという意味です。例えば、せっかく勉強会を始めても毎週金曜日の6時から9時半までの3時間半しか空いている時間がない、というような状態ではそこに生徒さんがぴったり入ってくる可能性が低くなります。ですから、最低でも15時間ぐらいは自分の「教えられるレベルの生徒さんがいたらできる時間」としてMLCに教えておいて頂くということです。

Q: 常勤を希望しているのですが?
A: はじめから常勤としての採用はしていません。非常勤の方の中から採用していく方針です。

Q: どのくらいの数のレッスンを受け持たせていただけますか?
A: 入学状況、勤務可能な時間、どのレベルまで教えられるかによりますが、週に1クラスの方もあれば、15クラスぐらい教えている方もいます。また、担当できるレッスン数には個人差があります。幅広く多くの方に対応できる方は、自ずとレッスン数が増えて行きます。

Q: レッスンが多い時間帯は?
A: 生徒さんが多い時間は午前8時から12時までの間と午後6時20分から9時半までの間のクラスです。

Q: クラスはいつ始まるのですか?
A: 学期制度ではありませんので不定期です。プライベートレッスンの場合は随時開始します。グループレッスンの場合は同じレベルで同じスケジュールの人が2以上名集まった時点でスタートします。

Q: クラスは担任制ですか?
A: はい、担任制です。複数の教師が曜日別に担当することもあります。

Q: クラスを担当してから、休みたい時はどうしたらいいですか?
A: 代行を他の教師に依頼することができます。

Q: 実際のレッスンはどこでするのですか?
A: 7割はMLC(目黒)で、3割は出張レッスン(目黒から30分程度の距離)です。

Q: 「目黒近郊在住」という条件がありますが、私は遠いところなのですが応募できますか?
A: 交通費の時給に上限がありますので、あまり遠くからですと自己負担額が多くなります。また、あまり遠くからですとご自身が1クラスのために通うのが辛くなったり、学校としてもレッスンを頼みにくくなったりすることがあります。

Q: 休みが不定期で勤務可能時間もはっきりしないのですが、応募できますか?
A: 実際に授業を担当できる可能性が非常に低くなりますので、残念ながらこの場合は難しいです。

Q: 現在、他の学校で授業を受け持っていますが、応募できますか?
A: できるだけ当校だけでやって下さる方を募集しています。過去には他校で教えている方々を採用して勉強会に参加していただいたこともあるのですが、結局、その方々は現在教えている授業のことで頭がいっぱいだったりして、MLCには定着してくれなかったという苦い経験がありますので、正直、採用する側としても非常に悩むところです。